スタープログラミングスクール 斎藤幸輔 | (後編)子ども達の無限の可能性をもっと広げてあげたい。プログラミング教育を通じて、STAR Programming SCHOOLが目指すもの。

  

STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール) 斎藤幸輔

  次世代を担う子ども達に必要な学び「プログラミング教育」を小中高生に向けて提供する「STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)」を運営しています。教育を通じてITスキルだけでなく、創造力を育み、論理的思考や問題解決力を身につけてもらうための工夫や、事業立ち上げ時の苦労について、代表の斎藤さんにお話を伺いました。

 

- 2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されるということで、プログラミング教育への注目度が上がってきていますよね。

  確かに近ごろ注目度が上がっているのを肌で感じています。受講生の募集は半期に一度ですが毎期3倍程ずつお問い合わせが増えています。プログラミング教育必修化の影響で、弊社のSTAR Programing SCHOOLがニュースで取り上げられることも増えましたね。 

 

- プログラミング教育を通し、どのようなことを実現したいと考えていますか。

 私はITやプログラミングの早期教育に大きな可能性を感じています。ITスキルを身につけることで、年齢や家庭環境などに左右されず、誰でも世界に発信できるようになるし、何よりも「論理的に考える力」が付きます。そして「創造力・自由な発想」を身につけることで、子どもたちの能力をどんどん伸ばしていきたいと考えています。

 

そして、プログラミング教育をもっと普及させていきたいです。プログラミング教育の存在をまだ知らない人、知っていても教室が近くにない人、金銭的な理由で通えない人など、どんな人でも学ぶことができる「プログラミング教育のプラットフォーム」を提供したいですね。

 

チアリーの新規事業について

 現在はBtoCに加えBtoBtoCに着手し、外部団体とのコラボレーションを進めています。質にこだわって直営教室を増やしていくのは、どうしても時間がかかってしまいます。そこで、大手塾など教育に関する企業様との協業で、弊社のプログラミング教育をもっと普及させていこうというものです。

 

この事業に着手したきっかけは大手学習塾の第一ゼミナール様からお声がけをいただいたことでした。話を進めている中で、同じ教育事業を長年運営している教育に対する考え方のベース、より良い教育を広く普遍的に広げていきたいという想いが合致していると思いました。まずはトライアルということで1教室コラボ教室スタートところ、100名ほど集まってくれたので、この協業事業を本格的に進めて行くことにしました。2017年の4月には総教室数は31教室に拡大予定です。

 

新規事業によってプログラミング教育を新しく始めたい企業様とはwin-winの関係が築いていけるはずです。今後は弊社で作った教材コンテンツや人材育成システムのコラボレーションについても行っていきたいですね。

 

- 短期間で有名企業との協業も実現できたそうですが、チアリーが選ばれたのはどのような理由からでしょうか。

1点目の理由は、NSGグループやチアリーが40年以上教育事業をやってきたという歴史があることだと考えています。長い間「教育」と向き合ってきたという安心感があるからこそ、弊社を選んでいただけたのだと思います。

 

そして2点目は、弊社の目的がハイレベルなIT人材の育成ではなく、「自分で設定した目標を実現するチカラ」、「壁にぶつかっても困難を乗り越えるチカラ」、「自他を尊重し、共創するチカラ」、「自分の想いや考えを伝えるチカラ」などの育成に注力している子どもの教育ということも塾との相性が良いところです。

 

現在、企業の他に総務省の若年層に対するプログラミング教育の普及推進事業にも選定いただいています。2020年の小学校でのプログラミング教育の必修化に向けての取り組みかと思いますが、弊社は新潟で受託しました。グループワークで子どもたちに与えた課題が「新潟のPRになるモノ」だったのですが、非常に面白かったですよ。新潟名物の柿ピーを新潟出身の小林幸子さんがキャッチするゲームとか(笑)。子供の自由な発想は本当に素晴らしいと思いました。

 

大人じゃ考え付かないですよね。短期間で作品を作るのは大変だったと思いますが、みんな本当に頑張ってくれたし、成長を間近で見られたのが楽しかったです。

 

- 最後に今後の展望を教えてください。

プログラミング教育を今よりももっと当たり前で身近なものにしていきたいです。

 

2020年のプログラミング教育必修化で、業界には追い風が吹いていますが、少し不安も感じています。プログラミング教室が乱立する中でどの程度質が確保されているのか、また公教育においても必修化されたときに、誰がどのように教えるかというのはまだ明確な指針がないんです。準備不足のまま始めてしまうと、子どもたちに「プログラミングは面白くない」という印象を与えかねません。そこで、これまでずっと子どもたちのプログラミング教育と向き合ってきた私たちであれば必修化の際に協力ができるのではないかと思っています。

 

また、2020年を待たずにトライアルでカリキュラムに加える学校も出てくるでしょう。それまでにはこれまで以上に弊社が協力できるような体制を作り、信頼度やブランドを積み上げていきたいと思っています。

 

斎藤 幸輔氏インタビュー、前編記事はこちら

 

 

 

 

 

最近人気の記事

アーカイブ

タグ

お問い合わせ

住所:東京都渋谷区神宮前 2-13-18 木村ビル 2F
TEL:03‐6432‐9854
MAIL:info@energize-group.co.jp

この内容で送信します。よろしいですか?