プラスバイプラス 室田茂樹 | (後編)「提案リクエスト」というポジティブな風土。

株式会社 プラスバイプラス 室田 茂樹

 設備業界におけるCADソフト提供やコンサルティングをメイン事業とし水道・電気CADでのシェアは業界トップクラスの株式会社プラスバイプラスの代表取締役の室田社長に会社に対する想いや「すごい会議」を通して得られた成果についてのお話を伺いました。

 

- ところで、プラスバイプラスは「すごい会議」を導入されていますが、導入に至った理由を教えてください。

 「すごい会議」のやり方が、これまで自分が重視してきたやり方と真逆だったからです。

例えばコミュニケーションの取り方。契約を受注するためには、お客さまとの深いコミュニケーションが欠かせません。これまで私はコミュニケーションを深めるために時間をかけて接触を重ねることが重要だと考えていました。しかし、「すごい会議」ではもっとシンプルに深い関係を築ける方法を教えてくれました。それは「事実のみを話す」ことです。

 

例えば「昨日はとても嫌なことがあった。上司に連絡しなかったことを叱られたので、イライラしてしまった」という話の中で、事実は「上司に連絡しなかったことを叱られた」という部分のみ。この部分のみを抽出することで、「次回からはきちんと連絡しよう」という解決策が最短で見つかります。つまり、感情を省き、事実のみを話すことで、短いコミュニケーションでも結論が出せるようになるのです。

 

これは自分にはなかった考え方であり、納得感も大きかったですね。話を聞いただけでも、「すごい会議」の導入によるコミュニケーションの効率化が期待できました。

 

- 実際に導入してみて、効果はいかがでしたか。

 今回はマネージャー以上の役職者に、コミュニケーション効率化による売上アップを期待して「すごい会議」を受けてもらいました。実際に効果があり、売上を増やすことができました。しかし、もっと驚いたのが、それ以上に多くの気付きがあったことです。

 

その1つが社内に隠れていた課題の可視化ですね。「すごい会議」のフィードバックを通じ、社員が抱く会社への不満がわかりました。当社の社員は非常に素直なので与えられた課題を一生懸命頑張るのですが、「すごい会議」のメソッドは本気で向き合わなければならないので辛いことも多いんです。そのため、売上げアップという結果も出ましたが、「すごい会議」という劇薬による好転反応も出たという感じですね。

 

社員からのネガティブな反応を聞いて、全員が楽しく働くための環境改善をする必要性を感じましたね。例えば、社員のモチベーションが上がらないのであれば、評価制度が曖昧になってしまっている可能性があります。それならば、結果を出した社員をどう評価するのが適切かを検討しなければなりません。そのような改善に必要な気付きをたくさんもらいました。そして、不満だけでなく、社員が満足している点にも気付けたのがよかったですね。

 

私はプラスバイプラスを、周囲の人を幸せにし、社員も自分も楽しく働ける組織にしたいと思っています。ただ給料を稼ぐための場所だとは思って欲しくない。「すごい会議」の導入は、「社員を幸せにできる会社にするためにはどうすればいいか」ということを考えるよいきっかけにもなりましたね。

 

- 社員の方々を幸せにするために、何か工夫はされていることはありますか。

 多くの会社では、どうしても売上を立てられる営業のような部署が偉くなりがちです。しかし、サポート部署も管理部門も平等に組織を作る一員なんです。全部署が会社を作っているという自負を持って働けるように平等に評価し、一体感を醸成できるようにしています。

 

「すごい会議」を導入して、他に変化は?

「すごい会議」がきっかけで、「提案リクエスト」というポジティブな風土が根付きました。これは、他の社員に話しかける時に「提案があります」という言葉から始めるというものです。

 

提案をする時だけでなく、断る時にも頭ごなしにNOと言うのではなく、代替案を提案することで、よりポジティブな結果を生み出す可能性が高まります。「すごい会議」を導入して3年になりますが、この「提案リクエスト」は今ではすっかり当社の文化として根付き、毎日たくさんの「提案」が飛び交っています。

 

- どういう会社に「すごい会議」を勧めたいと思いますか。

素直で変化を受け入れられる社員がたくさんいる会社であれば、必ず結果が出るのではないでしょうか。そういった会社にはぜひお勧めしたいですね。

 

- 今後の展望を教えてください。

今後はソフトのリニューアルや、CAD以外の商材についての提案をできるようにし、お客様を多面的にサポートしていきたいと考えています。そのために営業拠点を増やし、2019年には社員も売上も倍にすることを目指しています。

 

そして、いずれは設備業界の総合支援企業となり、「業務効率改善」、「売上アップ」、「コスト削減」といった価値を提供できる唯一無二の企業になりたいと考えています。

 

室田 茂樹氏インタビュー、前編記事はこちら

 

最近人気の記事

アーカイブ

タグ

お問い合わせ

住所:東京都渋谷区神宮前 2-13-18 木村ビル 2F
TEL:03‐6432‐9854
MAIL:info@energize-group.co.jp

この内容で送信します。よろしいですか?